一人暮らし学生必見!ワンルームを広く使うコツ

ワンルームが自分の城、素敵な一人暮らしを考える

大学生になると一人暮らしをするという人も多くなります。
実家を離れて一人暮らしをすると時、わくわくもしますし、不安もあります。
でもせっかくの一人暮らしの部屋、素敵なインテリアなどを選択して、自分の思う通りの部屋にしたいと思うものです。

でもワンルームとなるとおけるインテリアなども決まっていますし、家電製品などが既に設置されている事もあり、なかなかおしゃれにできないという事もあります。
収納が少なく部屋が狭い、スペースが限られているワンルームを素敵な空間にすればいいか考えてみましょう。

ワンルームを広く見せるためのポイントとは

ワンルームの部屋であっても寝ること、くつろぐこと、食べる事、それに勉強するという事も考えなくてはなりません。

モノが多くなるとスペースが無くなります。
生活の動線をよく考えることが大切ですし、その上でスペースを作り、しかもおしゃれにするというのは難しい事です。

大きい家具を置くとすれば、壁際に置くようにして、なるべく広いスペースを確保するという事がポイントとなります。
また家具など、カラーを統一すると広々見せる事ができます。

カーテン、ラグ、ファブリック系など、同じ色調でまとめる、そのカラーは白等の明るい色にしておくと広々した空間にできます。

大きい家具といえばベッド

洋服などは収納できる量だけ置くようにすれば、ワンルームでもそこに設置されているクローゼットや押し入れで代用できます。
ただベッドは必需品と考えている方が多いようです。

ベッドは大きな家具となりますが、毎日布団の上げ下げは面倒くさいです。
そう考えるとベッドは必需品となりますが、例えば部屋が非常に狭いなら折り畳みのベッドにする、ソファーベッドを利用するなど工夫するといいでしょう。

ベッドのほかにソファが邪魔という方もいますが、ソファがソファベッドとなるなら邪魔になる事もありませんし便利です。

収納ができる家具などを便利に利用する

収納スペースが少ない部屋でも、大きな家具をいろいろ置くと非常に狭くなるので、ベッドなど、収納にもなる家具を選択して、部屋を広く利用するという事を考えておくといいでしょう。

チェストやラックなどの上にテレビを置くようにしたり、ベッドの下に収納が無いようなら、収納ボックスを利用してそこを収納として利用すると便利になります。

キッチンもワンルームはかなり狭いので食器などを置く場所は限られています。
そのため、流しの下に篭を置いて、そこにプレートの食器を置くと少なくすみます。
人のお皿におかず、ご飯等のせることのできるプレートは非常に便利です。

スペースについてよく理解し、色々なものを増やさない・・という事を考えることでワンルームでも快適に過ごすことができます。