万が一にも留年してしまったら…。奨学金ってどうなる?

サポートしてくれる

奨学金は学費をサポートしてくれるので、学生にとっても心強い味方となってくれます。
誰だって順調に進む大学生活を夢に描いていますが、もしも思っていた通りにならなかったら、こんな時DAIGAKU-LIFEではどのように対応しているのかチェックしてみましょう。

質問者は奨学金を貰っていて、まだ留年と決まったわけではありませんが、もしも留年したら、奨学金がどうなるのかが不安なようです。
それについて確認しておきたいという質問です。

奨学金について

奨学金は、日本学生支援機構が提供していて、現在では約120万人の人が奨学金を受けています。
初めて奨学金を利用する際にはこちらのサイトもオススメです。
>>キャッシングのまとめ

奨学金には利子がない第一奨学金と、利子が付く第二奨学金があります。
利子がない第一奨学金は利用する側にとってメリットが多いのですが、貸与基準がとても厳しいために取得しにくいのがデメリットです。
利子があるので返済時には利子の支払いが必要ですが、貸与額が大きいのが特徴で、3万円から12万円までとなっています。

奨学金は4年制大学は4年、6年制大学は6年間借り入れができます。
在学中に病気になったり災害にあったりして、通学が困難になった場合は申請が必要ですが、奨学金を一時的にストップする事が可能です。
ストップできる期間は最大2年間ですが、2年後に申請をしないとそのままストップされたままになるので注意しましょう。

留年した場合の奨学金について

病気や災害の場合は最大で2年間ストップできますが、留年の場合は少し事情が変わってきます。
奨学金貸与前に留年が決まった場合は、留年の理由が学業不振だと、留学金申請条件の一つ、学力基準に引っかかるため申請ができなくなります。
大学1年生で留年が決まった場合、もう一度1年生をやり直す事になりますが、学費が余計にかかり家計を圧迫しても、2年生に進級するまでは奨学金の申請ができません。

既に奨学金をもらい大学に通っている奨学金貸与中の場合は、奨学金が停止されます。
この場合も次の学年に進級するまで奨学金がもらえません。
仮に進級できたとしても、奨学生学修状況届を申請しますので、審査に通れば再開されますが、審査に落ちると奨学金はもらえません。

奨学金は日本学生支援機構が管理していますが、他には都道府県や市町村の民間団体が給付する奨学金もあります。
この場合は奨学金でも給付型となるため、返済の必要はありません。
返済しなくていい分条件は厳しく、取得が難しい奨学金です。
経済的事情も考慮されますが、最も重要なのは成績が優秀である事です。

面談を行い審査をする事もありますから、例え成績優秀な生徒でも留年はあってはならない事と判断されます。
留年したとわかった時点で奨学金の給付は停止されます。
国からの奨学金と違い、進級しても奨学金の再開はありません。