「平服」が指定の面接はどんな格好でいけばいいの?

何を着たらいいの?

大学生活も後半に近づくと、そろそろ就活の事を考えなければいけない時期です。
就活の面接はリクルートスーツが定番ですが、中には平服で来るように指示される事があります。
こういう時はどうしたらいいでしょうか。

就活での平服とは

リクルートスーツで行く気だったのに、後から面接には平服でお越し下さいと指示されたら、ちょっと拍子抜けしてしまいます。
この時に注意したいのが、平服は普段着とは違うという事です。
平服と指示にあったからといっても、一応は会社の面接ですから、タンクトップやTシャツに短パンはNGです。

就活での平服というのはカジュアルすぎず、尚且つリクルートスーツではない服装という意味です。
平服でも働く場所はオフィスですから、カジュアルすぎるのはあまり良い印象ではありません。

男性ならシャツは白か薄い色、ネクタイは不要ですが、紺のジャケットとチノパン、黒可茶色のローファーがおすすめです。
女性ならジャケットに白い襟付きブラウス、スカートかパンツがいいでしょう。
女性の場合はパンプスを選びますが、ヒールは低め、色は黒か茶色がベストです。
色は特に決まっていませんが、全体のバランスを考えてコーディネートするのもポイントです。

なぜ平服なのか

これについてはいくつか理由があります。
アパレル業界やファッション業界では、センスをチェックする必要性があります。
リクルートスーツでは皆同じに見えてしまうため、センスを確かめる意味で敢えて平服と指定する事があります。

もう一つは自由な社風のオフィスです。
普段も平服で仕事をする会社の場合は、ほとんどスーツは着用しません。
ただし一応仕事であり、オフィスですから、ジャケットとチノパン、ジャケトにスカートというスタイルを理解してもらうために、面接時に平服を指定するのです。

スーツはNG?

面接の指示に平服とあった場合、もしもスーツを着て行ったらどうなるのでしょうか?
この場合もNGとなります。
敢えて平服と事前に伝えているにも関わらず、それを無視してスーツで行くのは、ある意味歯向かっているのと同じです。

中には、面接に行くのに平服では失礼だからと敢えてスーツを選ぶ人もいるかもしれませんが、それが先方からの指示出会った場合は絶対です。
平服と指定されている時は、スーツ以外の服装を選びます。

平服指定と限定ではなく、平服可となっている場合はスーツでも問題ありません。
ただし平服に無難な服を選んでも、派手なアクセサリーやメイク、スカーフやストールなどはあまり好ましくありません。
あくまでもシンプルで生活感があり、上品である事が大切です。